So-net無料ブログ作成
検索選択

オービスは速度何キロオーバーでつかまるか?罰金額は? [日記]

先ほど帰宅してニュースを見ると
栃木女児殺害事件が今ニュースで話題になっていました

これは10年ほど前に当時小学一年生の女の子が殺害された事件で
昨日初公判でした
被告は起訴情報を否認して無罪を主張しているようです
そこで検察側は書証拠として「Nシステム」の記録の利用を行い
これは異例のことみたいです。
そこでこの「Nシステム」とは何なのか、
そしてNシステムと並んで耳に聞く「オービス(自動速度取締機)について調べてみました


○Nシステム

Nシステムとは自動車を利用した犯罪を防ぐために
道路等にカメラをつけ監視するシステムです
犯人の車両を特定する際、ドラマなどでよく見る交通の検問を行うと
渋滞等交通の問題を引き起こしてしまいます

そういった問題に対応できるのが「Nシステム」でNはnumberの頭文字
という事からもわかりますがナンバープレートまで撮影可能なようです

システムとしては単純で、車両の盗難や、自動車を利用した犯罪が起こった際
Nシステム設置箇所を通る全ての車のナンバープレートを撮影し、
自動的に手配車のリストと照合され各パトーカーに伝達後
警察はそれを追跡するというものです

事件の公判では検察側はNシステムの映像から
遺体遺棄現場までの道のりにあったNシステムに被告の車が映っていた
ということを証拠として挙げたみたいです

こういった裁判で証拠として使うためのシステムですが、
実際はNシステムの悪用などプライバシーの問題が指摘されているみたいです


○オービス(自動速度取締機)
Nシステムと同時に話題になるのがオービス(自動速度取締機)ですね
これは、一度はつかまった人もいるのではないでしょうか

単純に映像を記録するNシステムに対し
こちらは速度を測れるため、主にスピード違反者の超過速度と
車に乗っている人の画像を記録するためのものです

オービスの下を、速度を超過して通過すると
「パシャ」と光るらしいです(車持ってないので僕はわかりません)
こいつはなかなかの解像度らしく、言い逃れできませんね、、、、、

スピード違反として撮影されてしまうと
一ヶ月以内に警察署から出頭通知が来て
罰金を払わなければならないみたいです


○罰金額

罰金の金額は7~8万ほどということ、、、、、高い、、
もし払えなければ刑務所で日給5000円換算で働くのだとか、、


○どのくらいの超過で撮影される?
オービスは速度30kmオーバーぐらいから撮影されるみたいです
さらに超過速度によっては罰金額が増えるとか

またこちらもよくプライバシーの問題を取りざたされます

科学が発展するにしたがって解決できない事件が解決されたり
生活が楽になったりするのはよいことですが、反面怖い部分もありますね

ではでは

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。